meme(ミーム)とは...?

“転職への動機が薄ければ、何度転職してもしなくても、結果はhappyにはならないのではないかと思います。”

おなまえ

ハナエ
27歳、7年目 独身

 

どこからどこへの転職?

病棟→美容外科→病棟→病棟

 

その転職って成功、失敗?

どの転職でもキャリアアップをする事ができたので、成功です。

 

ハナエさんの転職が成功したと思える理由

私の場合、転職回数が多くありますが、全て振り返ると嫌なこともありましたが、最終的には成功だったと思います。

いずれの転職も、迫られる理由は他にもありましたが、基本的には自身がより深く学びたいことを追求する形での転職をしています。

その点で言うと、当時、私自身が学びたいと考えた分野で働くことができているので成功であったと思います。

ただし、細かいことを言うと、どこに行っても、女ばかりの職場ですので、人間関係だけは良かったと手放しに喜べなかったです。

 

他の人もハナエさんみたいなHappyな転職をするにはどうすればよい?

転職エージェントを利用するのも、個人で病院に問い合わせて情報収集するのも、どちらでも良いと思います。

大切なのは転職活動を進める手段よりも、なぜ転職したいのかと言う動機の部分ではないかと思います。

その動機が薄ければ、何度転職してもしなくても、結果はhappyにはならないのではないかと思います。

また、今後の転職市場に限定すると、大きな診療報酬改訂がありました。それに伴い、中小規模の7:1取得していた病院は特に、方針転換をする可能性が高くなっていると思います。

それに限らず、今後は、これまでのように看護師が引く手数多で簡単に採用される時代では無くなりつつあると思います。

居住地域における転職市場全般、各病院の動向について、広く情報収集することも必要になってくると思います。

 

利用した転職エージェント

看護roo

エージェントとの相性もあったと思うが、押しの強すぎる営業ではなく、あくまでのこちらの意思を尊重してくれていました。
どの会社をと言うよりも、どの担当者になるかの方が重要なようにも思います。

 

Thanks

ハナエさん。
すばらしい投稿ありがとうございます!!

ハナエさんの投稿の『その動機が薄ければ、何度転職してもしなくても、結果はhappyにはならないのではないかと思います。』という部分に特に共感しました。

やっぱり、転職って手段なので目的にしちゃダメですよね。
大切なのは転職で何を実現したいのか、です。

memeに参加してくれる…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です